姉妹丼いただきますのエロ漫画無料試し読みとネタバレ情報

姉妹丼いただきます

姉妹丼いただきますのエロ漫画無料試し読み・ネタバレ情報

姉妹丼いただきますのエロ漫画が無料試し読みできます。読んでみたい人は配信サイトのブッコミへ!

>>ブッコミで試し読みする
姉妹丼いただきますの作品ページに移動します

 

 

以下より姉妹丼いただきますのネタバレと感想を紹介中です。

姉妹丼いただきます1話ネタバレ

~第1話 姉妹丼!そういうのもあるのか~

 

 

(なんとかうまく、まとまったなあ・・・こんな遠くまで出張したかいがあった。そういえば昼飯もまだだった)

 

おれはぶらぶらと街を歩く。目の前に、食堂が現れた。

 

地元の定食屋か・・・よし、ここらで食って帰ろう

 

 

「いらっしゃいませー」

美人の店員だ。

「お決まりになりましたら、お声がけください」
「はい」

さて、なににしよう。
せっかくだしこの辺の名物料理とかがいいな。

「ん?」

メニューを見てみる。

 

姉妹丼・・・?聞いたことない料理だな・・・

 

 

値段を見ると、なんと三万だ。

 

 

高すぎる・・・相当高級な食材なのかな・・・

 

 

 

まあでも、仕事もうまくいったことだし、自分へのご褒美だ!
そう思って、手をあげる。

 

「注文、お決まりですか?」
「この姉妹丼っていうの、まだあります?」
「あーごめんなさい、まだ素材がそろってなくて」

「こっちの、親子丼であれば・・・」

 

 

そのとき「ただいまー」と声がした。
少女が店に入ってくる。ここの娘らしい。

 

 

「ああ、里奈。おかえり。ちょうどよかったわ。姉妹丼、いける?」

 

「えーまたー?」
「ちょうど今、ご注文はいったのよ」

「もー、るなは?」
「もう帰ってきてる」
「じゃあ準備するから」

 

 

娘は姿を消した。そして。
「あ、お客さん、姉妹丼、いけます」
「あ、そうなんですか。じゃあ姉妹丼で」

「姉妹丼一丁!」
オーダーがとおった。

 

 

姉妹丼ってどんな料理だろう・・・親子丼なら鶏肉と卵で、他人丼なら牛肉と卵?だっけ??

 

 

そんなことを考えていると。
「お客さん、姉妹丼の準備できました。奥の座敷へどうぞ」
「え、奥で食べるんですか?」
「ええ、そりゃもう。さすがにここでってわけには・・・ねえ」

 

不思議に思いながら座敷にはいると。

「ご注文ありがとうございます。りなです」
「るなです」

姉妹が出迎えてくれた。そこには布団がしいてある。

戸惑っていると、おかみさんがおれの背中をどんと押した。
「お変わりもご自由に」
おかみさんは部屋の外に出て行った。

「おねえちゃん・・・むき身にしてあげたほうがいいんじゃない?」
「そうだね・・・」

彼女たちは、服をまくった。

 

姉妹丼いただきます2話ネタバレ

~第2話 いただきます~

姉妹丼いただきます2話ネタバレ

思っていた料理とは全然ちがうが・・・ここまできたら、彼女たちの身体を味わうしかない。

おれは二人の手を上にあげた。

「二人とも万歳して」
「ばんざーい」

二人は身体をむき出しにしてくれた。

「はうーすげーるなちゃんの身体、ほっそい・・・」
「ん・・・きゃはははは、こそばいよ!」

「おっぱい・・・りなちゃんのおっぱいは、手のひらサイズにふくらんでちょうどいいねー」
「ん」

おれはもみつづける。

「弾力もあって、もみ心地いいよ」

おれは乳首をすった。

「さてさて、どんなお味かな」

ちゅぱちゅぱ・・・

「予想どおり、おいちいよ」
「るなちゃんのおっぱいも味見しよう。ん~こっちもおいちい。」

 

おれは少女の胸を嘗め回した。

 

 

「それにしてもすごいね、二人とも慣れてるみたい・こういうエッチなことがすきなのかな」
「す、すきなわけ、ないじゃないですか!!」

「伝統だからしかたなくやってるだけで・・・」
「伝統?」

 

お姉ちゃんはいやがっているが、妹は笑顔だ。
「お姉ちゃん、いい加減なれなよー」という。

 

「るなちゃんは、だいじょうぶなの?」
「うん」
「へーるなちゃんは、エッチなんだね」

「うーん。そういうのよくわかんないけど。おうちのお手伝いするのは、すき!お父さんとお母さん、喜んでくれるし!!」

「ははは。るなちゃんはいい子だね」

 

お姉ちゃんは苦い顔をしている。

「ったく、これだからお子様は・・・」

 

おれはにっこりと笑顔になって、いってみた。
「で?続けてもいいのかな?」
「あ、はい。お客様ですから・・・」

おれはスカートをめくった。そのまま、パンツを下ろす。ぷにぷにと学生のまんこをいじる。

 

さっきはちょっといやそうな顔をしていたお姉ちゃんのりなちゃんほうも・・・

「ここ、濡れてきてるよ」

おれはいたずらっぽく言ってみた。
「ほんとはエッチなこと、好きなんじゃないの?」
「ちが・・・」

 

お姉ちゃんは顔を真っ赤にした。
「それはいいとして・・・それじゃ二人とも四つんばいになってごらん」

二人のおまんこが、目の前にきて・・・おれは一気に勃起した。

姉妹の口にそれぞれ突っ込んで・・・あっという間に精子を出してしまった!

 

⇒3話のネタバレ

 

 

姉妹丼いただきますの感想

めっちゃくちゃおもしろかったです!!
ものすごーくエロいけど、なんか、自然ななりゆきでそうなっちゃただけで、わざわざエッチしにいったわけじゃないっていうところが、いいんですよね(#^.^#)

だから子供を相手にしていてもロリコンって感じがあんまりしないしwww
しかも姉妹っていうすっごい設定。

 

子供ふたりを同時に相手するっていうだけでもすごいのに、そのふたりが姉妹ってなると、なんかもう、濃厚すぎるんです~
セリフもめっちゃエロいし、でも相手が子供だから、いちいちドギマギしちゃうし・・・!!!

 

その上、このあと親子丼っていう、お母さんと娘をふたり同時にヤっちゃうっていう・・・
なにそれ!?!?な展開。

ここまでやり放題で3万!?って感じもするけどw
いろいろぶっとびすぎてて、次から次へと驚いちゃいます!(^^)!

 

しかも姉妹も、お母さんも、めっちゃかわいいんです~
みんないい子だし、やさしいし、そしてなにより、エロいし。

 

これは読まなきゃ損っていうレベルで、おもしろいです~~!

>>ブッコミで試し読みする
姉妹丼いただきますの作品ページに移動します

 

 

姉妹丼いただきますのエロ漫画無料試し読み・ネタバレ情報